ここから本文です

ソニー 有機ELテレビに再参入

ホウドウキョク 5/8(月) 20:03配信

ソニーは、有機化合物の発光現象を利用した有機ELテレビ「ブラビアA1シリーズ」を、6月10日に発売すると発表した。
有機ELパネルは、液晶に比べ、高画質で薄型化できるほか、消費電力にも優れているとされている。
新商品は、スピーカーではなく、テレビの画面から音が出る独自の音響技術で、迫力と臨場感を体感できるという。
ソニーは、2007年に世界で初めて小型の有機ELテレビを発売したが、採算面などの問題で、いったん撤退していて、およそ10年ぶりに再参入する。
国内のテレビ市場は現在、液晶が大半を占めていて、有機ELは韓国のLG電子が先行しているが、東芝やパナソニックも参入するなど、競争が激しくなるとみられる。

最終更新:5/8(月) 20:03

ホウドウキョク