ここから本文です

改憲メッセージ「国会議論活性化のため」

ホウドウキョク 5/8(月) 21:19配信

憲法について、政党の間での議論の活発化を促した。
安倍首相は「自民党総裁として、憲法改正についての考えを公にしたのは、国会における政党間の議論を活性化するためのものだ」と述べた。
8日の衆議院予算委員会で、安倍首相は、ビデオメッセージで、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と表明したことについて、国会での各政党間の議論を活発化させるためと述べた。
民進党の長妻議員は、安倍首相に、自民党の憲法草案についての考えをただしたが、予算委員会では、自民党総裁ではなく、首相として発言する義務があるとして、具体的な言及を避け、国会の憲法審査会で議論すべきだとの立場を繰り返した。

最終更新:5/8(月) 21:19

ホウドウキョク