ここから本文です

共謀罪法案に相次ぎ抗議の声 9~12日に国会周辺など

カナロコ by 神奈川新聞 5/8(月) 16:10配信

【時代の正体取材班=田崎 基】国会で審議中のいわゆる「共謀罪法案」を巡り9~12日かけて都内で複数の抗議集会が開催される。主催者は「取り返しのつかないことになる前に反対の声を上げ、成立を止めたい」と話している。

【特集 共謀罪】自民党内部資料からみる「共謀罪」の内実

 9日は正午から東京・千代田区の衆院第2議員会館前で「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委」が、「共謀罪NO!国会行動」と題して集会を開く。午後7時半からは同所の首相官邸前で、会社員の日下部将之さんが賛同者に呼び掛け、共謀罪反対を訴える。

 日下部さんは「2014年の総選挙以降、安倍政権の閣僚が次々問題を起こしているが一向に任命責任を果たすことなく首相は数の力で居座り続けている。こんな状況で共謀罪のような治安立法が成立したら取り返しがつかないことになる」と強調する。

 12日には東京弁護士会が「新たな共謀罪法案の廃案」などを求め、午後5時半からJR有楽町駅や池袋駅、北千住駅の前で街宣。同日午後7時半からは国会議事堂の正面で市民団体「未来のための公共」が抗議集会を開く。

最終更新:5/8(月) 16:16

カナロコ by 神奈川新聞