ここから本文です

英「飛び込み王子」トーマス・デーリー、『ミルク』脚本家の男性と結婚

クランクイン! 5/8(月) 12:10配信

 イギリスの五輪シンクロ高飛び込みの選手で、その爽やかなイケメンぶりから日本でも「飛び込み王子」の愛称で知られるトーマス・デーリーが、2015年に婚約した映画『ミルク』や『J・エドガー』の脚本家ダスティン・ランス・ブラックと結婚したという。

【関連】「トーマス・デーリー」フォトギャラリー


 BBCによると、トムとダスティンは英イングランド南西部デヴォンのダートムーア国立公園内にあるボヴェイキャッスル・ホテルで式を挙げたとのこと。エドワード朝時代の1906年に建造された大邸宅を改造したホテルで、トムの故郷プリマスから50キロほどの場所にある。

 英The Sun紙は、2人が58部屋あるホテルを全て貸切にしたと伝えている。また結婚式ではシェイクスピア作『ロミオとジュリエット』の有名な場面を再現したとのことだったが、式に出席したという情報筋はBBCに対して『ロミオとジュリエット』ふうの演出はなかったと語っているそうだ。

 現在22歳のトムと42歳のダスティンは2015年10月に英Times紙の告知欄で婚約したことを発表した。トムはダスティンとの交際が始まった2013年の後半にユーチューブに投稿した動画でバイセクシュアルであることを告白し、ダスティンの名前こそ出さなかったが男性と恋愛していることを明かした。

最終更新:5/8(月) 15:38

クランクイン!