ここから本文です

加藤あい、3年ぶりにドラマ出演!『貴族探偵』で連続殺人事件のキーマンに

5/8(月) 21:00配信

クランクイン!

 現在放送中の嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第5、6話に、女優の加藤あいが出演することが決定した。加藤は、同作への出演で『Dr.DMAT』(TBS系)以来3年ぶり、第一子出産後初のドラマ出演となる。

【関連】「加藤あい」フォトギャラリー


 加藤が演じるのは、豊郷皐月(とよさと・さつき)という名家の令嬢役。ドラマの折り返し地点であり、本作初の連続殺人事件、これまでで最も重要な物語のキーマンを演じる。また加藤は、主演の相葉とは『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ系)以来、5年ぶりの共演となる。

 第5話は、荘厳な日本家屋の前に新米探偵・高徳愛香(武井咲)がたたずんでいるところから物語が始まる。愛香のクライアントで財閥の令嬢である玉村依子(木南晴夏)から、伯爵であり、日本最後のフィクサーと呼ばれている桜川鷹亮(竜雷太)なら貴族探偵(相葉)が何者なのか知っているはずと教えられ、その荘厳な日本家屋で愛香を出迎えるのが皐月だ。

 鷹亮の外孫であるという皐月は、愛香を鷹亮のもとへ案内するが、そこには貴族探偵の姿が。そして、言われるがまま愛香は鷹亮の孫・弥生(北香那)の婿選びの儀式の立会人を貴族探偵と共に務めることになってしまう。その儀式の中で、求婚者の一人の男性が突然、もがき苦しみ倒れ落ちる。これが、凄惨な連続殺人事件の幕明けとも知らずに…。

 久々のドラマ出演に加藤は「とても豪華なキャストの方々が出演されている作品なので、今回、呼んでいただいて、とてもうれしかったです」と喜びを口する。相葉との共演については「前と変わらず、やんわり、ゆったり、優しい雰囲気を持っていらっしゃる方で。それが今回の貴族探偵のキャラクターにすごく合っていて、キャラクターになじんでいる、というよりも、あのキャラクターを相葉さんが作られているのだな、と思いました」と、相葉が作る貴族探偵というキャラクターに言及する。

 そして自身の出演している第5、6話について「もう続きが気になって仕方がない、すごい終わり方をしているので、ぜひ5話の最初から6話の最後まで楽しんでいただければうれしいなと思います」とアピールした。

 『貴族探偵』は、フジテレビ系列にて毎週月曜21時より放送中。

最終更新:5/8(月) 21:00
クランクイン!