ここから本文です

新宮市で30.2度 和歌山県内で初の真夏日

紀伊民報 5/8(月) 17:00配信

 高気圧に覆われた影響で8日、和歌山県紀南地方の気温は午前中から上昇、新宮で今年県内初の真夏日となる30・2度(午後0時20分現在)を観測した。

 和歌山地方気象台によると、新宮に次いで西川(古座川町)が29・1度、栗栖川(田辺市)27・7度、龍神(同)25・3度、南紀白浜(白浜町)25・1度と続く。

 9日は前線の影響で天気が崩れ、気温は8日ほど上がらないとみている。

最終更新:5/8(月) 17:00

紀伊民報