ここから本文です

グロース氏:高利回り債スプレッド「さらに縮小する危険ほぼない」

Bloomberg 5/8(月) 10:58配信

債券運用のベテラン、ビル・グロース氏によれば、今はクレジットスプレッドに対するショートが最良の取引だ。

運用資産20億ドル(約2260億円)の「ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド」を手掛けるグロース氏は、高利回り債のスプレッドがタイトになり過ぎており、3月に約3年ぶりの水準に縮小した後、拡大に向かうだけとなる方向に賭ける投資を行っている。

トランプ米大統領が米経済成長率を3%に押し上げる能力に投資家が過度に楽観的となり、相場が上がり過ぎており、リスク資産を支えてきた「トランプ・トレード」が徐々に巻き戻されることが予想される。

カリフォルニア州ビバリーヒルズで開催された「ミルケン・インスティテュート・グローバル・コンファレンス」に出席したグロース氏(73)は、3日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「市場が期待していると思われる3%成長という至福にわれわれが向かわない限り、スプレッドがさらに圧縮される危険はほとんどない」と述べ、「ボラティリティーは極めて低い」と指摘した。

原題:World’s Best Trade According to Bill Gross: Short Credit Spreads(抜粋)

Sally Bakewell

最終更新:5/8(月) 10:58

Bloomberg