ここから本文です

高級ワイン産地の仏ボルドー地方、今春の霜害深刻-25年で最悪か

5/8(月) 13:21配信

Bloomberg

4月27日の夜明け前の数時間に、フランス・ボルドー地方全域の気温が氷点下まで下がる中、通常は暗く人けのないブドウ畑がにわかに活気付いた。大勢の作業員たちが畑に入り、火が燃えさかっている。大型の送風機とヘリコプターの翼がいてつくような空気をかき立てている。

世界でも有数の高価なブドウを脅かしているのは、霜だ。ここで生産されるブドウは、1本4000ドル(約45万円)の値が付くこともあるシャトー・ペトリュスなど高級ワインの原料となる。

フランスのワイン生産者によれば、寒気の影響による被害額は少なくとも10億ユーロ(約1240億円)と、過去25年で最大に達した。これは、フランスのワイン業界にとってここ最近で大きな打撃だ。昨年のワイン輸出額は82億5000万ユーロだったが、この数年、世界における同国のシェアは低下している。ボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュの各地方のブドウ畑が霜害に見舞われ、生産者の運命は資材や計画、場所、とりわけ運にかかっている状況だ。

その夜、厳しい寒さの中でボルドー地方のブドウ畑にいた作業員のうちの1人、ポムロール地区にあるシャトー・ガザンのイネス・ド・バイアンクール氏は、強い寒気でブドウ畑の90%が被害を受けた1991年以降で最も厳しい霜害に直面していることにすぐに気付いた。今回は、ブドウを温めるため、熱を発するろうそく数百本をともすなど、ブドウ園は寒気対策が以前よりも整っていると説明する。

「われわれは幸運だった。あらゆる所に火をともした。初めてのことだ」。家族で1世紀にわたってガザンを保有し、1本50-100ドルのワインを販売するド・バイアンクール氏はそう語った。

ボルドー地方の一部のシャトーは、畑のほぼ全てが被害を受けたという。他の地方の被害はボルドー地方より少ないが、ブルゴーニュ地方の場合、厳しい寒さに見舞われるのは2年連続で、同地方のワイン業界団体の資料によると、ブドウ畑2万8500ヘクタールのうち3000ヘクタールが被害を受けた。

地球温暖化により一般的に収穫とブドウが熟すのが早まっているが、フランスでは寒気が引き続き脅威となっている。今年は、冬のような天候が戻る中、早春にブドウの花が発芽したため、リスクは深刻だった。

ボルドーワイン連盟によると、ボルドー地方のワイン産地の最大60%が霜害に見舞われ、2017年産ワインは最大40%減る見通しだ。これは、この地方だけで少なくとも10億ユーロ分の生産高が減少することを意味する。通常の年間生産高は35億-40億ユーロ。

原題:Bordeaux, Home to $4,000 Chateau Petrus, Ravaged by Spring Frost(抜粋)

Guy Collins, Rudy Ruitenberg, Robert Williams

最終更新:5/8(月) 13:21
Bloomberg