ここから本文です

米ウォール街に広がる影響-中国の富豪ら、資産運用会社をSEC登録

5/8(月) 13:41配信

Bloomberg

米ニュージャージー州の緑豊かな郊外、マウンテンサイドにクレジット関連のヘッジファンドが新規設立された際、そのファンド資金の大半の出し手が誰かを考える人はほとんどいなかった。資金の提供者は中国の富豪、蔡奎氏だ。

同ファンド、ウェストフィールド・インベストメントを設立したのはゴールドマン・サックス・グループでマネジングディレクターを務めた経歴を持つレンユアン・ガオ氏。1月時点の運用資産は1億3900万ドル(約157億円)だった。世界2位の経済大国となった中国からは米国に資本が流入し、中国資金はウェストフィールドのような新しい資産運用会社を通じてウォール街への影響を強めている。

米国にこうした運用会社を設立した中国人には、海航集団(HNAグループ)の経営権を握る陳峰氏など著名人も多いほか、不動産開発の万科企業は間接的に資産運用会社に出資している。届け出によれば、中国本土および香港マネーと結び付きがあり、昨年までに米証券取引委員会(SEC)に登録された運用会社は約324社。2012年の水準の2倍以上に達した。

中国からは同国の銀行不良債権や不動産バブル、過去2年でドルに対して約11%値下がりした人民元の価値を懸念し、資本が流出。この波に乗る形で、運用資産会社が米国に登録されている。

米アメリカン・エンタープライズ研究所の中国担当エコノミスト、デレク・シザーズ氏によれば、こうした資金の流れは中国の国際収支に反映され、資本流出の規模は昨年2200億ドルと、700億ドルだった14年の約3倍に膨らんだ。同氏は「米国周辺をそれだけの中国資金が回っている。中国の資産運用担当者なら、米国行きは自明だろう」と話した。

原題:Tycoons From China Plant Money Management Flags on Wall Street(抜粋)

Miles Weiss

最終更新:5/8(月) 13:41
Bloomberg