ここから本文です

ツアー2勝目のB・ハーマンが世界ランク52位に浮上、松山英樹は3位のデイに肉薄

5/9(火) 7:02配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<男子世界ランキング>

米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」を終え、最新の男子世界ランキングが発表された。

【関連動画】石川遼、149位で予選落ちも収穫あり「今までに打ったことのない感触がある」

飛躍が目立ったのは、同大会でツアー通算2勝目を挙げたブライアン・ハーマン(米国)。93位から41人抜きとなる53位にジャンプアップを果たした。また、1打差2位フィニッシュのパット・ペレス(米国)も58位→42位と大きく順位を上げている。

トップ10では、1ランクアップの6位に浮上したセルヒオ・ガルシア(スペイン)以外の選手に変動はなし。世界トップは変わらずダスティン・ジョンソン(米国)、日本の松山英樹は4位キープも、3位のジェイソン・デイ(オーストラリア)に約0.04pt差(平均ポイント)に迫っている。

今週に開催される「ザ・プレーヤーズ選手権」に松山と共に出場する池田勇太は1ランクダウンの49位、1ランク差で同大会の出場権を逃した谷原秀人は51位から54位に順位を落としている。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(13.29pt)
2位:ローリー・マキロイ(8.58pt)
3位:ジェイソン・デイ(7.78pt)
4位:松山英樹(7.74pt)
5位:ジョーダン・スピース(7.39pt)
6位:セルヒオ・ガルシア(7.23pt)
7位:ヘンリック・ステンソン(7.21pt)
8位:ジャスティン・ローズ(5.56pt)
9位:リッキー・ファウラー(5.43pt)
10位:ジャスティン・トーマス(5.21pt)

49位:池田勇太(2.48pt)
52位:ブライアン・ハーマン(2.45pt)
54位:谷原秀人(2.42pt)
122位:小平智(1.25pt)
133位:石川遼(1.15pt)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>