ここから本文です

市歌の合唱、開幕告げる 水戸市芸術祭、音楽や美術9部門

茨城新聞クロスアイ 5/9(火) 4:00配信

市民による芸術・文化の祭典「第49回水戸市芸術祭」が7日、開幕した。同市千波町の県民文化センターで行われたオープニングセレモニーと吹奏楽演奏会では、関係者や市民ら約700人が参加して会場を盛り上げた。8月27日までの約4カ月間にわたり、市内を中心に音楽や美術など多彩な9部門22事業を展開する。

市芸術祭は市と市文化振興協議会、市教委、市芸術振興財団、茨城新聞社が主催。セレモニーでは市内で活躍する合唱団体「コール千波」や市のマスコットキャラクター「みとちゃん」らとともに、参加者全員で市歌を斉唱。多くの家族連れなどでにぎわう会場が明るい歌声で包まれた。

高橋靖市長は「多彩な文化やレベルの高い芸術に触れる機会。多くの会場に足を運んでいただき新たな交流を図ることにより、文化の香り高い水戸市の創造につながれば」とあいさつした。

セレモニー後は、水戸市民吹奏楽団による演奏会を開催。2部構成で、それぞれ「冒険」「ダンス」をテーマに迫力ある演奏が繰り広げられた。 (前島智仁)

〈開催日程〉
【水戸芸術館】◇6月 いけばな展(2~4日)▽三曲各流演奏会(11日)▽美術展覧会第1期(11~23日)▽謡と仕舞の会(25日)▽美術展覧会第2期(28日~7月9日)◇7月 バレエフェスティバル(2日)▽市民音楽会(9日)▽合唱祭(17日)▽少年少女合唱祭(30日)◇8月 小中学校美術展覧会(8~20日)▽ジュニアオーケストラ演奏会(20日)▽演劇フェスティバル(18~20日、25~27日)▽交響楽演奏会第2部(27日)

【市内】◇6月 民謡民舞大会(4日、県民文化センター)▽茶会(10、11日、みと文化交流プラザ)▽人形劇発表会(18日、わんぱーく・みと)◇7月 小中学校音楽のつどい(3、4日、県民文化センター)▽青少年コンサート(8日、同)▽映像祭(9日、見和図書館)◇8月 文学大会(5、6日、県水戸生涯学習センター)▽吟詠剣詩舞大会(20日、県民文化センター)

【市外】◇5月 交響楽演奏会第1部(21日、ひたちなか市文化会館)◇6月 自然観察会(9、10日、長野県軽井沢町)

茨城新聞社

最終更新:5/9(火) 4:04

茨城新聞クロスアイ