ここから本文です

【中国】国際アウトソーシング、20年に1千億ドルへ

NNA 5/9(火) 11:30配信

 中国商務省など中央5部門はこのほど、国際アウトソーシング(業務の外部委託)産業の発展策についてまとめた5カ年計画(2016~20年)を発表した。20年までの5年間で同産業を年平均10%以上成長させ、20年には中国企業による国際アウトソーシングサービスの売上高を1,000億米ドル(約11兆2,700億円)超とすることを目指す。
 国際アウトソーシングビジネスについて、標準化、デジタル化、スマート化などを重点的に推進する。同産業において基幹企業や著名ブランドを育成することや、全国に設けたアウトソーシングモデル都市を中心に産業団地を建設することも盛り込んだ。現代版シルクロード戦略「一帯一路」の推進に合わせ、中国のアウトソーシングについての技術や規格の普及も進めていく。
 新たに基金を設立して財政支援にも取り組む方針。金融機関がアウトソーシングに特化した金融商品や関連サービスを提供することも奨励する。
 中国企業による国際アウトソーシングサービスの売上高は15年には646億米ドルに達しており、世界2位の規模となっている。
 計画の詳細は商務省のウェブサイト<http://www.mofcom.gov.cn/article/ae/ag/201705/20170502570013.shtml>で確認できる。

最終更新:5/9(火) 11:30

NNA