ここから本文です

A350-1000、高温燃料でエンジン試験

5/9(火) 13:34配信

Aviation Wire

 エアバスは、大型機A350 XWBの長胴型となるA350-1000型機の燃料システム試験を実施した。気温の高い国での運航を想定し、高温の燃料での作動状況を確認した。

 英・ウェールズのカーディフ空港で、現地時間5月3日と4日に試験した。43度以上の高温燃料を1日2回給油し、エンジンやシステム状況をチェックした。

 A350-1000はエアバスの双発旅客機では最大の機種。エンジンはロールス・ロイス製Trent XWB-97を2基搭載している。胴体を延長したことで、標準型のA350-900よりも乗客を40人以上多く乗せることできる。主脚のタイヤは、従来の1脚あたり4本から同6本に増やした。

 エアバスでは、派生型のA350-1000は量産初号機の引き渡し開始まで、より短期間での到達を見込む。3機の飛行試験機を使って約1年間の試験を実施し、2017年末までの商業飛行開始を目指す。

 初号機(登録番号F-WMIL)は2016年11月に、3号機(F-WWXL)は今年1月に、2号機(F-WLXV)は2月に初飛行した。2号機には客室を備え、世界各地で飛行試験を実施する。

 A350-1000は4月末現在、12顧客から計211機の受注を獲得している。日本の航空会社では、日本航空(JAL/JL、9201)が31機のA350 XWBを2013年10月7日に確定発注。A350-900が18機、A350-1000が13機で、このほかにオプションで25機を購入する。2019年にA350-900の初号機が就航する予定で、現在保有するボーイング777型機を6年程度で置き換える。

Yusuke KOHASE

最終更新:5/9(火) 13:34
Aviation Wire