ここから本文です

古川小夏がマジックに挑戦!アプガ、山上兄弟とディスコ調の新曲をアピール

音楽ナタリー 5/9(火) 1:31配信

アップアップガールズ(仮)が本日5月9日に両A面シングル「アッパーディスコ / FOREVER YOUNG」をリリース。これを記念したイベント「アップアップガールズ(仮)新たなエンターテインメントに挑戦!“てじな~にゃ de ディスコ~にゃ”」を昨日5月8日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて行った。

【写真】「アッパーディスコ」をパフォーマンスするアップアップガールズ(仮)。(他32枚)

妹グループであるアップアップガールズ(2)と共にステージに現れたアプガは、PandaBoyが手がけたニューシングルの表題曲の1つ「アッパーディスコ」をパフォーマンス。続けてサウンドプロデューサーのmichitomoが制作したナンバー「FOREVER YOUNG」でファンを魅了した。

さらに今回のイベントでは新たな試みとして古川小夏がマジックに挑戦。古川の指導を務めた山上兄弟が登場すると、仙石みなみと新井愛瞳は彼らの「てじなーにゃ」ポーズをまねして会場を盛り上げた。そして山上兄弟がマジックのお手本を披露したのち、アプガは再び「アッパーディスコ」を歌唱。間奏では古川が手元から次々と花束を出現させるマジックを成功させ、会場からは大きな歓声が巻き起こった。

ライブ後にはマスコミ向けの囲み取材が行われ、新井は新曲の「アッパーディスコ」について「今年私たちは“変化と進化”をテーマに活動していて、今回初めてディスコに挑戦しました」と紹介。森咲樹は「曲でも衣装でもモーニング娘。さんを敢えてまねたんですけど、モー娘。さんを追い越せ追い抜け精神でがんばっていきます」と意気込みを語った。またライブ中にマジックを成功させた古川は「すごい緊張したんですけど、お客さんの歓声がすごくて、これは癖になりそうだなと思いました」と胸中を吐露。山上兄弟は「すぐにマジックを覚えて、さすがだなと思いました」と彼女を褒め称えた。

記者から佐藤綾乃と仙石が今秋にグループを卒業することについて話題を振られると、佐藤は「私にとって今回のシングルが最後のリリースになるかもしれませんが、まだまだアプガを進化させたいです」と心境を告白。仙石は「まだアプガとして闘う期間があるので、この期間にアプガでしかできないことに挑戦したいです」と語り、「アプガの持ち曲を全部やるノンストップライブをやりたいです」と野望を述べた。

アップアップガールズ(仮)「アップアップガールズ(仮)新たなエンターテインメントに挑戦!“てじな~にゃ de ディスコ~にゃ”」2017年5月8日 池袋サンシャインシティ噴水広場 セットリスト
01. アッパーディスコ
02. FOREVER YOUNG
03. アッパーディスコ

最終更新:5/9(火) 1:31

音楽ナタリー