ここから本文です

ボッシュの運転支援システム、売上高が初の10億ユーロ超え 2016年

5/9(火) 6:45配信

レスポンス

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは5月4日、2016年の運転支援システムの売上高が、初めて10億ユーロ(約1235億円)を上回った、と発表した。

ボッシュの運転支援システムは、レーダー、ビデオ、超音波などの周辺検知センサーにより、車両の周囲を検知して解析。さまざまな運転状況でドライバーを支援し、快適性を高める。

さらに、迅速で安全な行動を必要とする危機的な運転状況においても、ドライバーをサポートし、安全性の向上に寄与する。現在、実用化されているものには、アダプティブクルーズコントロール、駐車支援システム、自動ブレーキなどがある。

2016年には、運転支援システムの売上高が初めて10億ユーロを上回っただけでなく、受注額が35億ユーロ(約4320億円)に到達。ボッシュは2017年、全体として30%の成長率が見込まれているド運転支援システム市場において、30%を超える急速な成長を目指す。

ボッシュ取締役会のStefan Asenkerschbaumer副会長は、「運転支援システムに対する需要は旺盛。この効果でモビリティ ソリューションズ部門は2016年、最も力強い成長を見せ、売上高は前年比5.5%増、為替調整後では6.9%増加した」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:5/9(火) 6:45
レスポンス