ここから本文です

ヤンキース 開幕前の14位予想から評価急上昇

5/9(火) 10:23配信

東スポWeb

 開幕前の評価は残念ながら高くなかったヤンキースだったが、ここにきて各メディアのパワー・ランキングで急上昇している。データ・サイトの「ファイブ・サーティー・エイト」は8日(日本時間9日)、最新のワールドシリーズ制覇確率を発表し、ヤンキースは開幕前の14位から6位タイにジャンプアップした。同サイトは選手の成績や遠征の移動距離など様々なデータを加味し、10万回にわたるシミュレーションを元に数値をはじき出している。ヤンキースより上位はナショナルズ、カブス、アストロズ、ドジャース、インディアンスだった。

 同サイトによるとヤンキースの今季予想は、開幕前の80勝82敗から、現在は91勝71敗に上昇。ア・リーグ東地区で地区Vの可能性は開幕前の14%で5チーム中4位だったのが、今や39%で1位だ。プレーオフ進出の可能性は66%となっている。

 今季のヤンキースは打線が強力。7日(同8日)時点で本塁打(48)、打点(155)、出塁率(3割5分2厘)はともにア・リーグトップだ。得失点差52もリーグ1位。メジャー全体でもナショナルズの53に次いでいる。一方、投手陣は先発陣の防御率4・03はリーグ8位だが、救援陣は2・65で同4位と安定。打線が挙げたリードを救援陣が守りきる。それが20勝9敗の結果になっている。もっとも、開幕から1か月少し過ぎただけで133試合残っている。今後もこの勢いが続くかどうか。

最終更新:5/9(火) 10:26
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 18:00