ここから本文です

<笑福亭鶴瓶>北川景子主演のSPドラマ「帰ってきた家売るオンナ」に出演 要潤、芦名星も

まんたんウェブ 5/9(火) 14:51配信

 落語家の笑福亭鶴瓶さんが、女優の北川景子さんが主演し26日に放送されるスペシャルドラマ「金曜ロードSHOW!特別企画 7daysTVスペシャルドラマ 帰ってきた家売るオンナ」(日本テレビ系)にゲスト出演することが9日、わかった。鶴瓶さんは着ぐるみバイトをする謎の男・一ノ瀬定男を演じる。

【写真特集】北川景子、セクシードレスで肩あらわに

 ドラマは、2016年7月期に北川さん主演で放送された連続ドラマ「家売るオンナ」のスペシャル版。「家売るオンナ」は、「ふたりっ子」「功名が辻」「セカンドバージン」などを手がけた大石静さん脚本のオリジナル作品で「私に売れない家はない」と豪語し、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にでも必ず家を買わせてしまうという、スーパー営業ウーマン・三軒家万智(さんげんや・まち)の姿を描いた。

 スペシャルドラマは、北川さん演じる主人公・三軒家万智と万智の上司・屋代大(仲村トオルさん)が、テーコー不動産新宿営業所を去った2年後が舞台。かつて新宿営業所で万智とともに働いていた庭野(工藤阿須加さん)は、売り上げ不振の窮地に立たされた新宿営業所を救うべく、万智に助けを求めてやって来る。しかしそこには、赤ちゃんを抱き、屋代とともに海辺を歩く万智の姿があった。ショックを受ける庭野をよそに、翌日、営業所に期間限定アルバイトとして現れた万智は、早速クセのある客たちに鮮やかに家を売ってみせる。

 鶴瓶さん演じる謎の老人・一ノ瀬は、営業所で着ぐるみに入るバイトをしており、万智の手腕を見て自分が家を買うと言い出すも、万智から「あなたに家を売りません」と言われてしまう……という展開。

 鶴瓶さんは「このドラマ、本当に出たかったんですよ。だから、うれしかったですね。(北川)景子ちゃんとは、バラエティーでは共演したことが何度もあるんですけど、ドラマは初共演なんです」と出演の喜びを語っている。またドラマについて「本当に怪しげなんですよ。ドラマを見ているときは、景子ちゃんだけが怪しい感じだと思っていたんですけど、違うんです。初めはシリアスにやっていたんですけど、イモト(アヤコさん)が出てきてセリフを言った時に、ちょっとこのドラマおかしい……こんなことでは負けてしまう! と。駆け足でみんなに追いつきました。本当に楽しかった」と撮影を振り返り、「スペシャルではじめてこのドラマを見る方におすすめは、北川さんが『おちた』と決めセリフを言うシーン。かっこいいですよ」と見どころを明かした。

 また、ドラマには鶴瓶さんのほか、有名子役の頼りない父親役で要潤さんが、極貧シングルマザー役で芦名星さんが出演する。ドラマは26日午後9時放送。

最終更新:5/9(火) 14:51

まんたんウェブ