ここから本文です

葛飾・金町自動車教習所が施設開放イベント 今年の目玉はパンまつり /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/9(火) 9:16配信

 金町自動車教習所(葛飾区東金町1)で5月14日、イベント「金町自動車教習所春の開放大作戦2017~ザキヤマ春のパンまつり~」が開催される。(葛飾経済新聞)

チラシ裏(出店者情報等)

 同イベントは、春の交通安全週間に合わせて、交通安全教室を中心に教習所施設を地域住民に開放することで、子どもたちに交通安全の大切さを学んでもらおうと、例年開催しているイベント。

 例年、さまざまな地域飲食店を招いてイベントを盛り上げているが、今年は趣向を変え、出店者のほとんどを地域のパン店に絞り、「パンまつり」を行うという。

 同イベントを担当する近藤彩さんは「イベントを担当させていただく上で、毎年同じ内容ではなく、少しでいいので、来て下さるお客さんから『今年は何があるんだろう』というわくわく感を持ってもらいたい」と話す。パンまつりに決まった経緯については、「例年の出店店舗を回る担当者の名前が山崎だったので、2年前くらいからタイトルだけは挙がっていた」とも。

 15店が出店するパンまつり以外に、昨年に引き続き、12店が出店するワークショップ、地元のサッカーチーム南葛SC Wingsによるミニゲーム、ムラサキスポーツ協力の「ストライダー試乗会」、地元チームによる「ミニ四駆走行会」、カフェプラたく協力の「プラレール王国」も行われる。

 当日は葛飾区観光協会広報課長である「モンチッチ課長」も来場する。

 「パンまつり自体が地元で初めてなので、どれくらいの人が来てくれるのか読めないが、お目当てのパン屋さんのパンが売り切れてしまっていたらごめんなさい」と胸中を話す。

 開催時間は10時~15時(開場は9時50分)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/9(火) 23:17

みんなの経済新聞ネットワーク