ここから本文です

阪神電鉄とJR西が初の共同開発 大阪・福島区でホテルと商業施設の複合ビル

THE PAGE 5/9(火) 15:15配信

 阪神電鉄とJR西日本は9日、2019年春の開業を目指し、大阪市福島区内でホテルと商業施設が入居する複合ビルを初めて共同で一体的に開発すると発表した。

【拡大写真と現在の場所の動画、地図】大阪環状線の福島駅近くにある建設予定地の現在の様子

大阪環状線沿い、福島駅徒歩3分

 発表によると、阪神電鉄が所有する大阪市福島区の福島5丁目内の土地と、隣接するJR西日本の同区7丁目内の土地とで、複合ビルの共同開発を行うという。

 場所はJR大阪環状線沿いで、同線福島駅から徒歩3分、阪神福島駅からも徒歩6分の地点。敷地面積は2584平方メートル(阪神所有分は1785平方メートル、JR西日本所有分は799平方メートル)。土地の形状などから十分な活用が図られていなかったという。

約250室の宿泊主体型のホテル、ホテル阪神と一体的運用

 建物の概要地上12階建てで、入居テナントは阪急阪神ホテルズを予定。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催などを見据えるなどし、このホテルはビジネス客、そしてファミリー層をターゲットに、1階から12階までがホテルゾーンで、約250室の「宿泊主体型のホテル」とし、近くにある「ホテル阪神」と一体的運用を図るという。

 また、1階から3階までを商業ゾーンとし、入居テナントは「阪急オアシス」を予定しているという。今年8月に建築工事着工を予定し、開業は2019年春を予定している。広報担当者は「この事業で国内外から関西へ訪れる観光客増加に伴う宿泊施設の不足に対応し沿線の利便性を高め『住みたくなる』『行ってみたくなる』沿線づくりを推進します」としている。

目の前は大阪環状線や飲食店がズラリ

 今回の複合施設の建設予定地は、現在、コインパーキングなどとして使われている。敷地は大阪環状線沿いに横に広がっており、周囲の高架下には飲食店がズラリと並び、南側には公園、西側には「あみだ池筋」などがある。

 子どものお迎えから帰る途中に、敷地横を通っていた30代の女性は「長い間、駐車場というイメージが強いんで、想像がつかないですね。風景がすごく変わりますね」などと話していた。

最終更新:5/15(月) 6:04

THE PAGE