ここから本文です

【KNOCK OUT】メインの宮元、新イベントはKOで締めたい

イーファイト 5/9(火) 22:46配信

 5月10日(水)渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催される『ROAD TO KNOCK OUT.1』の前日計量が、9日(火)都内にて19:00より行われた。

【フォト】宮元必殺のボディー攻め

 メインイベントで対戦するWPMF世界スーパーバンタム級王者・宮元啓介(橋本道場)は55.2kg、元シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・伏見和之(シーザー力道場)は55.4kgでそれぞれ契約体重の55.5kgをクリアー。

 今大会はこれまでKNOCK OUT本戦に出場したが敗戦してしまった選手や今後有望な若手選手、実験的な試合が行われ、大会名通りKNOCK OUT本戦出場を目指しての戦いが繰り広げられる新イベント。

 宮本は旗揚げ戦で小笠原瑛作にKO負けを喫し、この新イベントから本戦再出場を目指す。「1回目のメインを任されたのでしっかり倒したい。蹴りでもパンチでも何でもいいのでKOしたい。面白い試合をして盛り上げて、僕が勝てばそれでいいです」と、メインの役割を果たすつもり。

 普通ならプレッシャーのかかる立場だが、「僕はプレッシャーを感じないタイプなんです。むしろ、メインを任せてもらえたことをエネルギーにして自分のパワーになります。より一層いい自分が見せられると思います」とやりがいを感じているようだ。

 対戦する伏見については「強いと思う。パワータイプなのでパンチが強いなって感じですね」と評する。

 小笠原へのリベンジについては「ゆくゆくはリベンジしたいと思います。勝っていけばいずれはやるでしょう。焦らず一戦一戦勝っていけばいいと思っています。これに勝てば本戦に出られると思うので、まずは今回の一戦ですね」と、目の前の試合に集中していると語った。

最終更新:5/9(火) 22:46

イーファイト