ここから本文です

常陸太田市長選 大久保氏、4選果たす 3回連続無投票

茨城新聞クロスアイ 5/9(火) 4:00配信

任期満了に伴う常陸太田市長選が7日告示され、現職の大久保太一氏(77)=無所属=以外に立候補の届け出がなく、無投票で4回目の当選が決まった。同市長選は2009年、13年に続き3回連続で無投票となった。

同市谷河原町の出陣式会場となった空き地に午後5時すぎ、無投票当選の知らせが届き、集まった支持者から祝福の声や拍手が湧き起こった。大久保氏は万歳の後、「他の市町村に先駆けて少子化対策を進めてきたが、全体の数字として人口減少に歯止めがかかってはいない。気持ちを新たにして、誠心、誠意、市政運営に当たっていく」と抱負を述べた。会場には橋本昌知事はじめ、地元選出の梶山弘志衆院議員など国会議員と近隣市町の首長、県議らが駆け付けた。

大久保氏は昨年12月に立候補を表明し、懸案の人口減少問題に絡み、移住・定住促進策や雇用環境の改善策などを盛り込んだ本年度からの市第6次総合計画の実現に向け「努力していきたい」と、4期目への意欲を示していた。公約には、少子・人口減少対策の推進のほか、国道349号沿線地区の市街化開発などによる雇用の確保や買い物環境の向上、市内の有休施設や有休地を活用した住環境整備などを掲げた。多くの市議のほか、農業関係団体などからの推薦を受け、盤石の態勢を築いた。

同市議補選(欠員3)も7日告示され、いずれも無所属の新人5人が立候補を届け出た。

投票は14日午前7時から午後6時まで市内52カ所で行われ、同8時から新宿町の山吹運動公園市民体育館で即日開票される。有権者は4万7265人(6日現在)。 (長洲光司)

【大久保太一(おおくぼ・たいち)氏の略歴】市社会福祉協議会長、市シルバー人材センター理事長、市体育協会長、県農業共済組合連合会会長理事、道路整備促進期成同盟会全国協議会長。当選4回。元市議1期、日立製作所水戸工場副工場長。茨城大卒。亀作町

【常陸太田市議補選立候補者】
(3-5、届け出順)
川崎浄 67 団体役員 無新
森山一政 62 会社役員 無新
小室信隆 63 測量業 無新
菊池勝美 66 農業 無新
寺門秀夫 67 会社役員 無新

茨城新聞社

最終更新:5/9(火) 4:04

茨城新聞クロスアイ