ここから本文です

【ベトナム】サンフロンティア、ダナンでマンション着工

5/9(火) 11:30配信

NNA

 不動産管理などを手掛けるサンフロンティア不動産(東京都千代田区)は8日、ベトナム中部ダナン市で分譲マンションの建設に着手したと発表した。同市で日系企業が独資で分譲マンションを開発するのは初という。
 分譲マンション「ヒヨリ・ガーデンタワー(HIYORI Garden Tower)」は、ソンチャー区のボーバンキエット通りに建設される。市中心部とリゾートホテルが立ち並ぶミーケビーチのほぼ中間に位置し、観光名所のドラゴン橋も見渡せる。地下2階、地上28階建てで、延べ床面積は3万3,053平方メートル。2LDK(65.9~70.1平方メートル)の306戸からなり、96台収容可能な駐車場と167台収容可能な駐輪場を併設する。2019年10月の竣工(しゅんこう)予定。内装デザインや仕様設備、市内全域を見渡せる眺望など、「日本クオリティー」を取り入れ、現地の富裕層をはじめ、海外投資家の購入ニーズに応えることができるとしている。
 同社は昨年8月、ダナン市ソンチャー区のチャンフンダオ通りにホテル「ブロッサム・シティー(The Blossom City)」を開業した。11階建ての同ホテルは、結婚式場などを併設しない宿泊特化型で、客室数は45室となっている。

最終更新:5/9(火) 11:30
NNA