ここから本文です

エヌシーアイ、「アイティーエム」に社名を変更し東京・新宿に移転

5/9(火) 15:24配信

BCN

 さくらインターネット(田中邦裕社長)のグループ会社であるアイティーエム(村上宗久社長)は、旧社名「エヌシーアイ」から5月1日付で社名変更したと発表した。また、これに伴い、本社を東京・千代田区二番町から新宿区西新宿に移転して営業を開始した。

 同社は、今年1月3日に会社分割に伴う新設会社としてさくらインターネットの100%子会社となった。一方で、今年で創業20年を迎え、Management Service Provider(MSP)事業の草分けとして歩んできた同社は、多くの顧客に支持され、今では国内有数の豊富な運用実績を保有する企業へと成長している。今後もITのシステム運用・監視サービス事業を中核に成長を図るため、自ら変革していく企業姿勢を表すことから社名を新たにした。

 新社名のアイティーエムは、IT Manageの頭文字、I(アイ)・T(ティー)・M(エム)を一体にしたもの。ロゴは、このITMをデザイン化し、最先端の技術力と安定した運用力をもって、ITにつながるすべての人、企業の夢の実現を加速させる存在でありたいと考え、光を連想させる色を選んだという。

最終更新:5/9(火) 15:24
BCN