ここから本文です

アナ・ケンドリックの危険なデート映像公開!銃弾かわす彼にウットリ!?

cinemacafe.net 5/9(火) 14:30配信

『エージェント・ウルトラ』でジェシー・アイゼンバーグと&クリステン・スチュワートの“覚醒”ラブを描いた脚本家マックス・ランディスが手掛ける最新作『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』。今週末5月13日(土)より公開される本作から、ヒロインのアナ・ケンドリックが“伝説の殺し屋”のサム・ロックウェルにますますハマっていく、スリリングな初デート映像が到着した。

【画像】アナ・ケンドリック&サム・ロックウェル

ダメ男にばかり恋して失敗を繰り返す“失恋女子”マーサが、ようやく出会った“理想のカレ”は伝説の殺し屋!? しかも、カレに惹かれれば惹かれるほど、マーサの秘めていた(?)暗殺能力が覚醒していく…という“ガール・ミーツ・ボーイ”のアクション・ラブコメディ。

そんな本作から今回到着したのは、実は殺し屋という理想のカレ、フランシス(サム・ロックウェル)とのデート中、失恋したばかりのマーサがますますカレにハマっていく…というシーン。

コンビニでの運命的な出会いを経て、初デートに出かけた2人。キュートなTシャツに柄ミニスカのマーサと、柄シャツを着たフランシスのファッションスタイルはまさに運命といえるほどぴったり。デート中の2人はホットドッグをほお張ったり、公園を散歩したりと普通のデートを楽しんでいる。しかし、今回の映像では、デートを楽しむ2人を狙うスナイパーが! 木の上で銃を構え狙いをフランシスに定めた後、狙撃。だが! フランシスは瞬時にその動きに気づき、マーサの手を取ってキリッとダンス、華麗に銃弾をかわす。カレが命を狙われているとは夢にも思っていないマーサは、突然のロマンチックな出来事にウットリ。2人の距離が一気に縮むも、実はこの後もスリリングな“暗殺デート”は続いていき…。


ちょっとした勘違いが生んだ、可愛くコミカルなシーンをとらえた映像。本作のプロデューサーの1人であるリック・ジェイコブスは、「この役のためにアプローチした俳優はサムだけだよ。踊れて、ロマンスのセンスがありながら、一瞬でそれを消し去って危険になれる俳優が必要だったんだ。サムは、それをうまくやってのける俳優なんだ」と太鼓判。また、脚本家のマックスも「フランシス役は、サム・ロックウェルを想定して脚本を書いたんだよ!」と激白。ランディスが宛書きをしたのは今回が初めてだという。

さらに、超個性派といわれるマックスに、本作の原題 “Mr.Right”=理想の人とはどんな人だと思うか尋ねたところ、「自分の想いも相手の想いも尊重してくれる人が男女ともに理想の人だろうね。そんな人を見つけるのは難しいと思うよ」と、ぶっ飛んだストーリーを得意とする彼ながら意外にも(?)純粋な人間性を感じさせるコメント。

そんなマックスが描く、ピュアな中にもスパイスの効いたマーサとフランシスの恋模様には目が離せない!

『バッド・バディ!私と彼の暗殺デート』は5月13日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。

最終更新:5/9(火) 14:30

cinemacafe.net