ここから本文です

【台湾】JDIの高雄子会社、今年の売上高100億元目標

5/9(火) 11:30配信

NNA

 ジャパンディスプレイ(JDI)の台湾子会社、高雄晶傑達光電科技(KOE)の張士昌董事長兼総経理はこのほど、工商時報の取材に応じ、今年の売上高について、主力製品の車載用液晶パネルのモジュールが好調なことを背景に100億台湾元(約370億円)の大台突破を目指すと明らかにした。
 KOEの近年の売上高は2016年が約73億元、14年は約55億元で、100億元が達成できれば前年比で約37%増、14年比ではほぼ倍増となる。
 もともとは産業用液晶パネルが主だったが、車載用の需要拡大を見込んで15年以降、生産転換を進めるとともに生産能力も増強し、現在は月産60万台と14年比で2倍に増えた。JDI全体の車載用パネルのモジュール月産量は160万~170万台で、KOEが3分の1以上を占めることになる。ただ張氏は「これ以上の生産拡張計画は今のところない」と述べている。

最終更新:5/9(火) 11:30
NNA