ここから本文です

米加財務相、G7の際に個別会談 通商問題など協議

ロイター 5/9(火) 7:06配信

[オタワ 8日 ロイター] - カナダのモルノー財務相は主要7カ国(G7)財務相・中銀総裁会議に出席する際に米国のムニューシン財務長官と個別に会談を行い、2国間の通商問題のほかインフラ投資などについて意見を交換する。カナダ財務省高官が8日、明らかにした。

G7は11─13日にイタリアのバリで財務相・中銀総裁会議を開催くが、当局者によると通商問題は今月末のG7首脳会議で討議され、今回の財務相・中銀総裁会議では議題として取り上げられない。

ただカナダ財務省高官によると、通商問題は広範な経済成長をめぐる議論の一環として討議され、モルノー財務相はムニューシン財務長官との会談で議題として取り上げる。

米国はカナダ産針葉樹材への相殺関税を仮決定。カナダのトルドー首相は5日、対抗措置として太平洋側のブリティッシュ・コロンビア州の港を経由した米国燃料炭の出荷禁止措置を検討していることを明らかにしている。

最終更新:5/9(火) 7:06

ロイター