ここから本文です

静岡県高校総体男子サッカー14日開幕 静学などV争い中心

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/9(火) 8:26配信

 静岡県高校総体男子サッカーは14日開幕する。地区予選を勝ち抜いた東部、中部、西部各10校に、高円宮杯U―18(18歳以下)プリンスリーグ東海所属のシード5校を加えた35校がトーナメント方式で争う。決勝は6月4日午後2時からエコパスタジアムで行う。

 優勝争いは新人大会を制した静岡学園などシード勢が中心となりそうだ。静岡学園は司令塔渡井を中心に個人技で相手を崩すスタイルが健在。選手層も厚く、県総体連覇を狙う。浜松開誠館はプリンスリーグで開幕から5戦4勝。静岡学園にも競り勝つなど勢いがある。清水桜が丘は堅守速攻で2年ぶりの全国切符を目指す。藤枝東は攻守に粘り強く、藤枝明誠は守備に不安を残している。

 中部1位の常葉大橘は前線に能力の高い選手が多く、守りも手堅い。地区1位通過の飛龍、浜名のほか、実績のある清水東(中部2位)や東海大翔洋(同5位)、新人大会で2年連続4強入りした焼津中央(同6位)などの戦いぶりにも注目が集まる。

静岡新聞社

最終更新:5/9(火) 8:26

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合