ここから本文です

ATENジャパン、モジュール式ビデオマトリックススイッチャー

BCN 5/9(火) 16:01配信

 ATENジャパン(陳尚仲代表)は、モジュール式ビデオマトリックススイッチャーの新モデルとして、32系統タイプの「VM3200」を5月8日に発売した。価格はオープン。

 VM3200は、従来製品のシームレス切り替え機能や高い操作性のGUI機能のほかに、新たに改良を加え、GUIで映像の表示内容が確認できるライブプレビュー機能の搭載やモジュール式パーツの採用など、操作性とメンテナンス性をさらに向上した。具体的には、ビデオウォールのレイアウト表示と現在配信している映像をウェブGUIから確認できるようにした。また、カレンダーベースのスケジューリング機能で、接続プロファイルをリアルタイムクロックと同期再生も可能となった。

 各種ビデオ入力信号を統合し、最適な出力解像度にレンダリングすることで、信号の遅延や損失を抑え、より正確な映像表示を実現。各出力ポートには、独自のシームレスエンジンを搭載しているため、リアルタイムに映像コンテンツを切り替えることができる。さらに、組み合わせ自由な各種インターフェースの入出力ボードと、モジュール式ファンや電源は、ホットプラグに対応しており、システムをシャットダウンすることなく、簡単に入れ替えることができる。

 きょう体はアルミフレームを採用することで軽量化を実現。取り外し可能なフロントパネルとモジュール式パーツによって、メンテナンスがより容易になった。

最終更新:5/9(火) 16:01

BCN