ここから本文です

ミドルズブラ、クラブ史上4度目の降格決定...監督交代も実らず

GOAL 5/9(火) 13:15配信

8日にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー戦に0-3で敗れたミドルズブラは、プレミアリーグが始まって以降4度目となるチャンピオンシップへの降格が決まった。

負ければ降格が決まる一戦に臨んだミドルズブラだったが、前半にジエゴ・コスタ、マルコス・アロンソ、後半にもネマニャ・マティッチにゴールを許し、万事休す。ミドルズブラは2015-16シーズン、チャンピオンシップで2位に入り、プレミアリーグへの挑戦権を掴んだが、わずか1年足らずでの降格が決定した。

シーズン序盤はサンダーランドにアウェイで勝利するなど開幕3試合で1勝2分けとアイトール・カランカ監督の下、まずまずのスタートを切る。またリーバーサイド・スタジアムでは、クリスマスまでに3勝を挙げ、プレミアリーグ復帰1年目としては好成績でシーズンを折り返した。しかしボクシングデーの12月26日に行われたバーンリー戦に0-1で敗れて以降、12試合で4ゴールのみと重度の得点欠乏症に悩まされていた。

そして、チームは降格圏に沈み、FAカップ準々決勝でマンチェスター・シティに屈した後の3月16日に、クラブ首脳陣がカランカ監督の更迭に踏み切った。その後、スティーブ・アグニュー監督に指揮を任せたが、立て直すことはできなかった。就任してからの9試合で、勝利を飾ったのはサンダーランド戦のみとなり、8日にチャンピオンシップへの降格が決定した。

GOAL

最終更新:5/9(火) 13:15

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合