ここから本文です

調布・神代植物公園で「春のバラフェスタ」 香り楽しむ催しも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/9(火) 11:30配信

 都立神代植物公園(調布市深大寺元町5、TEL 042-483-2300)で5月9日、バラの香りを楽しめるように早朝開園してさまざまな催しを行う「春のバラフェスタ」が始まった。(調布経済新聞)

ガイドから花の特徴などを聞きながらめぐるツアー

 同園の「ばら園」は世界バラ会連合優秀庭園賞を受賞したフランス式沈床庭園で、約400品種・5200株を栽培している。同園の名を冠した品種「クィーン・オブ・神代」をはじめ、開園時から50年以上育てている大株や原種バラのコレクションなど貴重な品種もあり、毎年大勢のバラ愛好家や家族連れなどでにぎわう。

 バラの香気は朝に強くなるため、来園者が香りを堪能できるよう期間中の土曜・日曜は普段より早い8時に開園する。土曜は、香りの専門家である蓬田勝之(よもぎだかつゆき)さんと早朝のばら園を巡りながら香りを楽しむ「香りのモーニングツアー」を行う(事前申し込み)。21日は園長による「朝のばら園ガイドツアー」、28日は園芸担当職員による「ばら園ガイドツアー」を行う(各日20人、9時~10時、8時45分正門で受付開始)。13日~21日はボランティアが「ばら園ガイドツアー」をする(10時30分~・13時30分~)。

 日曜は、ばら園テラスでバラの香りに包まれながら音楽を聞く「ばら園コンサート」を開く(11時・14時)。28日はコンサートの前に、国際ばら新品種コンクールの2016年度入賞花の授賞式を行う(13時)。

 植物開館展示室では「春のバラ展」を開催し、ハイブリッドティー(交配)ローズやフロリバンダ(房咲き)ローズなどの一級品を展示する。香りの人気投票やバラ関連書籍の販売、栽培の相談コーナーなども行う。同館前の屋外特設展示場では「春のミニバラ盆栽展」を開催し、樹齢60年を越えるミニバラの盆栽やかわいらしいドールガーデンなどを展示する(両展示16日~21日)。

 6月4日までの毎日、ドリンクや軽食を提供する「バラのカフェテラス」と、バラにちなんだ小物や苗木を販売する「ロゼマルシェ」を営業する。

 ばら園近くの芝生広場周辺では5月20日、小学生以下を対象に自然の中の図書室で読書や絵本の読み聞かせをする「こもれびの森保育~緑の図書室~」を開く(13時~15時)。

 広報担当者は「春バラを観賞するのにふさわしい華やかな催しを企画したので、見頃のバラとともに楽しんでほしい」と話す。

 開園時間は9時30分~17時(入園は16時まで)。月曜休園(祝日の場合は翌日)、5月15日は臨時開園。入園料は、一般=500円、65歳以上=250円、中学生=200円(都内在住在学の中学生は無料)、小学生以下無料。5月31日まで。各ツアー・コンサート・カフェテラス・マルシェ・緑の図書室は荒天中止。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/9(火) 11:30

みんなの経済新聞ネットワーク