ここから本文です

【インド】タタコンサル、米に初のドローン研究所

NNA 5/9(火) 11:30配信

 インドのタタ財閥傘下で、IT最大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は米国のオハイオ州にドローン(小型無人機)研究所を開設した。TCSにとっては、同国で初のドローン研究所となる。
 2008年に設立したデジタル技術拠点「TCSセブン・ヒルズ・パーク」に研究所を置いた。室内施設や倉庫、屋外実験場などを備えており、30日、60日、90日の3期間で顧客に実証サービスなどを提供する。
 TCSのアナンス・クリシュナン副社長兼最高技術責任者(CTO)は声明で、「ドローンの活用は、企業活動を新たな次元へと引き上げる可能性を秘めている」とコメントした。

最終更新:5/9(火) 11:30

NNA