ここから本文です

2強足踏みの今こそ 5連勝で首位の阪神に「緊急補強」の声

日刊ゲンダイDIGITAL 5/9(火) 12:08配信

 破竹の5連勝で首位を走る阪神だが、開幕前の下馬評は決して芳しいものではなかった。

 FA3選手と助っ人の大型補強を行った巨人を筆頭に、前年リーグ覇者の広島を優勝候補に推す声が多く、阪神は前年4位で若手が成長途上ということもあり、優勝予想したのは一部の阪神OBだけだった。

 しかし本命の巨人は、陽、山口俊、森福のFA新戦力が揃って二軍暮らし。開幕直後は10連勝した広島も、エースのジョンソン、抑えの中崎が相次いで離脱したことが影響し、連勝が止まった4月14日以降は9勝12敗。「2強」が足踏みする一方、阪神は5月に入って5勝1敗。開幕から巨人、広島相手に9勝5敗と勝ち越していることも大きい。

■球団幹部が現地視察

 そんな中、阪神OBからは「だからこそ、さらにライバルを引き離すための補強を考える必要がある」との声が上がっている。

「打線でポイントになるのは3番の糸井、4番の福留の後ろを打つ『5番・一塁』。原口、中谷、もしくは助っ人のキャンベルが活躍すれば文句なしだが、どれも決め手に欠ける。前年22本塁打のゴメスを解雇した直後、『残しておけば良かった』と球団内から声が出たのは、一発を打てる打者のいない打線に不安を感じていたからだ。前年4位から18年ぶりに優勝した03年は、リリーフ候補として獲得した助っ人ポートが開幕から不振に陥り、代役としてリガンを緊急補強。中継ぎ29試合で3勝、防御率1・51と活躍し、優勝に貢献した。阪神は現状、野手の助っ人はキャンベルだけ。レギュラー級の助っ人を探すのは簡単ではないが、阪神は代打陣も手薄。フロントが積極的に動くことで、本気で優勝を狙うというムードづくりも期待できる」

 09年には前年限りで西武をクビになったブラゼルを5月に獲得、82試合で16本塁打と活躍した。

「阪神はオフに球団幹部がドミニカ共和国を視察。渉外担当はMLBのキャンプ、オープン戦だけでなく、WBCも視察して他球団の幹部が驚いていたくらい。情報は十分にあるはず」(前出のOB)

 さてどう動くか。

最終更新:5/9(火) 14:58

日刊ゲンダイDIGITAL

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 16:30