ここから本文です

<福士蒼汰>大阪弁での演技に苦労 「最初は悩みながら…」

まんたんウェブ 5/9(火) 20:32配信

 俳優の福士蒼汰さんが9日、東京都内で行われた主演映画「ちょっと今から仕事やめてくる」(成島出監督)の完成披露試写会に出席。同作で初めて大阪弁で演技に挑戦したという福士さんは「(映画が)初めて表に出る日ということで、とても緊張しています。僕は大阪弁を使う役だったのでこの中に関西の方がいないことを願っていますが……」と苦笑交じりにあいさつした。

【写真特集】福士蒼汰&工藤阿須加が爽やかすぎる!

 劇中で大阪弁を話す謎の男・ヤマモトを演じている福士さんは、大阪弁での演技の苦労を聞かれると、「(演じた役は)普段の自分とかなり違うテンションだったので、どういう理由付けで、(そのキャラクターの)明るさを出す、エネルギーを持っていくかに最初は悩みながらやっていた」と振り返った。

 この日のイベントには、共演の工藤阿須加さん、黒木華さん、小池栄子さん、吉田鋼太郎さん、成島監督も出席。今回が初共演という福士さんと工藤さんは、撮影の5カ月前から入念なリハーサルを行っていたという。撮影時の印象的なエピソードを聞かれた工藤さんは「福士くんと距離を近づけたいなと思って、僕の家でたこ焼きパーティーを開いた」と明かし、「福士君は僕のベッドでずっと横になってました」と当時の様子を暴露していた。

 映画は北川恵海さんの同名小説(KADOKAWA)が原作。就職した会社の厳しいノルマとパワハラで疲弊し、電車にひかれそうになった青山隆(工藤さん)は、幼なじみと名乗るヤマモト(福士さん)に助けられるが、青山にはヤマモトの記憶がない。ヤマモトとの出会いがきっかけで青山は仕事の成績を伸ばしていくが、ある日、ヤマモトが3年前に自殺していたことを知る……というストーリー。27日公開。

最終更新:5/9(火) 20:47

まんたんウェブ