ここから本文です

トム・ホランド、“なりきりリアーナ”に!

5/9(火) 19:45配信

cinemacafe.net

アメリカの人気番組「リップ・シンク・バトル」に『スパイダーマン:ホームカミング』のトム・ホランドが出演した。

【写真】トム・ホランド/フォトギャラリー

毎回2組のゲストが有名曲に合わせて“口パクバトル”を繰り広げ、そのクオリティの高さを競う「リップ・シンク・バトル」。今回は『スパイダーマン:ホームカミング』で共演しているトムとゼンデイヤがバトルを展開した。ゼンデイヤはブルーノ・マーズの「24K Magic」を披露。トムはスーツ姿でジーン・ケリーの「雨に唄えば」に合わせて華麗なタップダンスで会場を沸かせた。

しかし、それだけではなかった。「雨に唄えば」の終わりに6人のダンサーと入れ替わるように舞台の奥に消えたトムは、リアーナの「Umbrella」の歌と共に再び舞台に登場。そのトムの姿がまさに「Umbrella」のMVのリアーナそのもので、ボブヘアのウィッグをかぶり、露出度が高いコスチュームで出てきたものだから、会場は驚きと興奮で大盛り上がり。見かけだけではなく、傘を使ったキレのあるダンスで魅了するトムに、対戦相手のゼンデイヤが「負けました」と言わんばかりに舞台に倒れこむシーンも。

雨がザーザー降る舞台の上で、『スパイダーマン』さながらのアクロバティックな振り付けも難なく踊りこなしたトムだった。

tomholland2013さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 - 2017 5月 5 10:06午前 PDT

最終更新:5/9(火) 19:45
cinemacafe.net