ここから本文です

『ブレードランナー2049』予告編がついに公開!フォード×ゴズリング新旧捜査官がタッグ

シネマトゥデイ 5/9(火) 16:00配信

 巨匠リドリー・スコットが1982年に発表した伝説的SF映画の続編『ブレードランナー2049』から、美しいビジュアルに彩られた刺激的な映像と、新たな謎を提示する予告編が公開された。

【動画】『ブレードランナー2049』予告編

 2019年のロサンゼルスを舞台に、過酷な宇宙開拓から逃亡して人間社会に紛れ込んだアンドロイド、レプリカントを追う専門捜査官“ブレードランナー”の一員デッカード(ハリソン・フォード)の葛藤を追った前作。30年後が舞台となる続編では、 ライアン・ゴズリング演じる新人ブレードランナーの“K”が、30年間行方不明だったデッカードを探し出すところから幕を開ける。

 予告編は、ジャレッド・レトー演じる謎の男が見守る中、人間と全く変わらないレプリカントが誕生するシーンからスタート。男はレプリカントたちの運命を示唆するように、「あらゆる文明は使い捨ての労働者で成り立つ」と言い放ち、本作が、近未来を描くSFでありながら、格差問題に揺れる現代社会にも通じるテーマを内包した作品であることをうかがわせる。

 一方、彼らを調査する捜査官側の人物として、ロビン・ライト演じる管理者らしき女性も登場。「この世界は分断されている。一つにしようとすると、争いが起こる」という彼女の言葉は、30年を経ても人間とレプリカントの間に深い溝があることを示唆する。

 さらに、デッカードとKの新旧捜査官がタッグを組み、ある謎に挑む展開も明らかに。壁をいとも簡単に突き破って襲い掛かってくるレプリカントとの戦いや、銃撃戦といった迫力のアクションもおさめられているほか、キューバ出身の女優アナ・デ・アルマス演じる女性がKに「あなたはまだ知らない」「すべての真相を」と語りかけるカットも。前作では、「捜査官であるデッカードが実はレプリカントでは?」という論争がファンの間で起きたが、Kにもそれに匹敵する真実が隠されているのか? 謎が深まる映像に仕上がっている。監督は『メッセージ』『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。(編集部・入倉功一)

映画『ブレードランナー2049』は10月27日より全国公開

最終更新:5/9(火) 16:00

シネマトゥデイ