ここから本文です

米利上げを注視、北朝鮮情勢巡るリスクは常に考慮=麻生財務相

ロイター 5/9(火) 9:30配信

[東京 9日 ロイター] - 麻生太郎財務相は9日の閣議後会見で、米国の利上げについて注視する考えを示した。一方、北朝鮮情勢を巡っては、欧州でも関心が高まっているとした上で「不安定さからくる経済の下振れリスクは常に頭に入れておかねばならない」と語った。

麻生財務相は、仏大統領選の結果に関し「(今後の欧州情勢に)どういう影響が出てくるのか見てみないとわからない」と明言を避ける一方、米国の利上げが「どういうタイミングで何ベーシスやるのかまだ見えてこない」と述べ、「注意深く見ておかないとよくわからない」と指摘した。

また、11日からイタリアで開催される主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では、テロ資金対策や国際課税など幅広い分野で「率直な議論ができると考えている」とした。

(梅川崇 編集:田中志保)

最終更新:5/19(金) 12:29

ロイター