ここから本文です

若返りを図るレアル・マドリー、近年獲得した選手の平均年齢は21,23歳

GOAL 5/9(火) 21:22配信

レアル・マドリーは近年、将来有望な選手を積極的に獲得してメンバー全体の「若返り」を図っているようだ。

マドリーは2014-15シーズンを戦い抜くことを見据えた補強から、多くの若手選手を獲得してきた。2014年夏にはMFハメス・ロドリゲス(23)、MFトニ・クロース(24)、GKケイロール・ナバス(27)を引き入れ、翌年冬にMFマルティン・ウーデガルト(16)、MFルーカス・シルバ(21)が加入した。

2015-16シーズンに向けてはDFヘスス・バジェホ(18)、MFマルコ・アセンシオ(19)、MFマテオ・コバチッチ(21)、DFダニーロ(23)、MFルーカス・バスケス(24)、GKキコ・カシージャ(28)が加わっている。

今シーズン開幕前には、ユヴェントスからFWアルバロ・モラタ(23)が復帰した。また来シーズンに向けてはアラベスにレンタル中のアトレティコ・マドリーDFテオ・エルナンデス(19)の獲得が決定的だと言われている。

マドリーのここ数年の補強選手の平均年齢は21,23歳となっている。世代交代を視野に入れたフロレンティーノ・ペレス会長の補強方針の下、ジネディーヌ・ジダン監督率いるチームは今季チャンピオンズリーグ連覇とリーガエスパニョーラ制覇に向けてまい進している。

※()内はすべて当時の年齢

GOAL

最終更新:5/9(火) 21:22

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合