ここから本文です

首位チェルシーがミドルズブラに完勝で優勝に王手/プレミアリーグ第36節

GOAL 5/9(火) 5:56配信

■プレミア第36節 チェルシー 3-0 ミドルズブラ

チェルシー:D・コスタ(23分)、M・アロンソ(34分)、マティッチ(65分)

ミドルズブラ:なし

プレミアリーグ第36節が8日に行われ、チェルシーとミドルズブラが対戦した。試合はホームのチェルシーが3-0で勝利している。

首位を走るチェルシーと19位に沈むミドルズブラの対戦となったが、序盤から順位を反映した形で試合は進んでいく。チェルシーが次から次へとチャンスを作っていく一方で、ミドルズブラはボールを持ってもチャンスに繋げられない。

すると23分に先制点が生まれた。ペドロ・ロドリゲスが右サイドでボールを保持。中央やや右ゴール前30m地点で待つセスク・ファブレガスへパスを送る。ファブレガスがフリーでボールを受けると同時にジエゴ・コスタがディフェンスラインの裏、ゴール前左へと走り出した。そこへ浮き球のパスが送られ、ゴールキーパーと1対1。D・コスタが冷静に流し込み1-0となった。

追加点も似たような形だった。34分、左サイドからボールが展開され、中央やや右でセサル・アスピリクエタがボールを持つ。ミドルズブラのプレッシャーは緩く、ディフェンスラインの裏、ゴールエリア左に抜け出たマルコス・アロンソへ簡単にパスを通されてしまう。M・アロンソがダイレクトで放ったシュートはGKブラッド・グザンの足に当たって、ゴールに吸い込まれた。

ゲームは2-0で折り返したが、それ以上に力の差が見て取れる前半となった。ミドルズブラはシュート1本、枠内シュートゼロ。守っては、中盤へのプレッシャーが緩く自由にパスを出させてしまった。

負ければ降格が決定してしまうミドルズブラだが、後半もなかなかチャンスを作ることができない。47分に2人を投入し、改善を図るも戦況は大きく変わらない。それどころか追加点を許してしまう。

65分、チェルシーのコーナーキックからの流れだった。エリア内右で、エデン・アザール、ダビド・ルイス、ファブレガスがボールを回し、最後はファブレガスから浮き球のパスを受けたネマニャ・マティッチが豪快に蹴り込み3-0となった。

その後も流れが変わることなく、チェルシーがミドルズブラを圧倒。優勝に王手をかけた。一方のミドルズブラは2試合を残して降格が決定した。

GOAL

最終更新:5/9(火) 5:59

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合