ここから本文です

ドリフト走行、道路脇の人に衝突 三島署、容疑の男逮捕

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/9(火) 12:20配信

 制御困難な高速度で横滑りしながらカーブを曲がるドリフト走行を行い、道路脇にいた人に衝突し重傷を負わせたとして、三島署と静岡県警交通指導課は9日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで伊東市宇佐美、塗装工の男(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は2月24日午後11時20分ごろ、三島市井戸尻の市道で、制御困難な高速度で乗用車を運転し、道路脇にいた男性会社員(29)=神奈川県藤沢市=に衝突、鎖骨骨折などの重傷を負わせた疑い。同署は容疑者の認否を明らかにしていない。

 同署などによると、男はドリフト愛好者チームのメンバーで、箱根峠に向かう山道を走行していた。けがをした男性は男の知人で、ドリフト走行の様子を見ていたという。

 現場は片側1車線の上り坂のカーブ。男はドリフト走行でカーブに進入したが曲がりきれず、道路脇にいた男性にぶつかったという。

静岡新聞社

最終更新:5/9(火) 16:59

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS