ここから本文です

梅田に炭火料理とワイン目玉のバル 時間無制限でワイン飲み放題も /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 5/9(火) 14:22配信

 梅新会館(大阪市北区曽根崎2)6階に4月27日、炭火料理とワインが目玉のバル「炭火とワイン 梅田店」(TEL 06-6364-6868)がオープンした。(梅田経済新聞)

低温で炭火焼きした肉料理が目玉

 2012年に大阪・福島に1号店をオープンした同店。梅田店は8店目でエリア初出店。赤・白・泡の全20種類のボトルワインが時間無制限で楽しめる飲み放題メニュー(1,728円)が、同店の目玉。メニュー表では、ワインの味を女優やアイドルなどの具体的な芸能人で例え、ワイン初心者でも親しみやすい工夫を施す。出来たてのワインをたる詰めのままイタリアから直送し、専用サーバーで新鮮なワインを楽しめる「ミオバール」の導入も。

 フードは「おおいた豊後牛 オレイン55%」(1,706円)や、「大阪河内鶏 ロース炭焼コンフィ」(1,490円)など、低温で炭火焼きした肉料理が目玉。レタスや千切りキャベツ、パプリカなどが入ったサラダのお通しは食べ放題で、従来の店舗でも女性に好評という。魚介類は高知県や千葉県から、野菜は淡路島からなど、社長自ら足を運んで仕入れた食材を扱うメニューも。

 155平方メートルの店内は、オープンキッチンでライブ感を演出。席数は92席で、同店初の座敷、半個室も設ける。客単価は3,500円。ターゲットは、20代後半~40代の女性。

 営業時間は、17時~翌1時(金曜・土曜・祝前日は翌3時まで)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/9(火) 14:27

みんなの経済新聞ネットワーク