ここから本文です

カバーニ「2020年にPSGとの契約が満了したら…」その後のキャリアの展望を語る

GOAL 5/9(火) 6:38配信

4月下旬にパリ・サンジェルマンとの契約を2020年まで延長したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、契約満了後の去就について『スカイスポーツ・イタリア』で言及した。

「PSGとの契約が終わったら、何が起こるか分からない、という前置きをした上で……そうだな。ナポリに復帰することを選ぶかもしれないね。ナポリは僕にとって心のホームとも言えるチームだからね」

カバーニは「いつかナポリに戻ることができたら、僕は恩返しをしたいと思っているんだ。だから、まだ自分のトップフォームを維持していかなくちゃならないね」と続け、古巣ナポリへの復帰をほのめかしている。

1987年生まれのカバーニは2010年から2013年までナポリでプレー。2020年には33歳になっているが、カバーニはナポリへの復帰をほのめかすほど、古巣に愛着を持っていることを明かした。また、カバーニは「少しでも長くハイレベルな状態を保ち、もう駄目だと思ったら引退を決意するよ」と語り、少しでも長く現役を続ける意向を示している。

GOAL

最終更新:5/9(火) 6:38

GOAL

スポーツナビ サッカー情報