ここから本文です

北機関紙「保守勢力清算すべき」 韓国大統領選当日も口出し

聯合ニュース 5/9(火) 14:06配信

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領選当日の9日、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は論説で「保守一味をしっかり清算することこそが、新たな政治、新たな生活、新たな世の中を引き寄せるための近道だ」と主張した。

 朴槿恵(パク・クネ)前大統領の政権を厳しく非難しながら「古く腐敗した勢力の滅亡は必然」とした上で、「南朝鮮(韓国)の人民は朴槿恵逆徒を懲罰したその気勢で、今回の『大統領』選挙で、逆徒の共犯者であり歴史の反動である傀儡(かいらい)保守一味を必ず審判し、自分たちの恨みを晴らしてみせなければならない」とあおった。

 北朝鮮はこれまでも公式メディアや対外宣伝用メディアを通じ、韓国の保守政党を批判し南北関係の改善の必要性を主張するなど、韓国大統領選への介入を図ってきた。

最終更新:5/9(火) 14:12

聯合ニュース