ここから本文です

【横浜M】“ユース新旧10番”がU―20候補合宿メンバーに選出

スポーツ報知 5/9(火) 14:45配信

 日本サッカー協会は8日、U―20日本代表候補トレーニングキャンプ(5月9日~13日、大阪・堺市)のメンバーを発表。横浜Mからマリノスユースの“新旧10番”、MF吉尾海夏(18)、MF山田康太(17)の2選手が選出された。

 同キャンプは東京五輪世代の底上げを目的とするもの。5月11日にFC大阪、同13日にU―20アメリカ代表と練習試合を行う。U―18日本代表の影山雅永監督(49)が指揮を執る。

 吉尾は昨年までマリノスユースで10番を背負い、今季トップチームに昇格。巧みなボールタッチとパスセンス、豊富な運動量を武器とするレフティー。2列目のサイド、中央をこなす。今季は1年目ながらすでにルヴァン杯全4試合に出場している。クラブを通じ「この度、初めて代表の候補合宿に選出していただき素直に嬉しいです。自分の良さを出して定着できるように頑張ります」とコメントした。

 山田は2種登録の17歳。1月下旬に行われたトップチームのタイキャンプに帯同し、地元クラブとの親善試合でゴールを挙げ勝利に貢献。ルヴァン杯でもボランチで2試合に途中出場している。

最終更新:5/9(火) 15:04

スポーツ報知