ここから本文です

浦和・森脇が謝罪 差別発言については断固否定

5/9(火) 19:45配信

東スポWeb

 鹿島の選手に侮辱的発言をした浦和DF森脇良太(31)が9日、Jリーグから2試合の出場停止処分が科されたことを受け、さいたま市内のクラブハウスで謝罪会見を行った。

 黒のスーツ姿で会見に臨んだ森脇は、冒頭で深々と頭を下げて「多くの方々にご迷惑をおかけして、心からおわびしないといけない。鹿島アントラーズの皆さん、MF小笠原(満男=38)選手とMFレオシルバ(31)選手に対し、不快な思いをさせたことを心から反省しております」と神妙な面持ちで謝罪の言葉を並べた。

 侮辱的な発言をした理由については「試合に入ると勝ちたい思いが強すぎて、相手とバトルをしてしまう。冷静にプレーしなければと思っていたが、それができなかった」と説明した。

 一方で、小笠原はレオシルバに対して差別的発言があったと主張しており、それがあたかも“既成事実”となりつつある現状に「差別的な発言、行動はなかったと皆さんに伝えていきたい。今“差別の森脇だ”と世間では理解されているけど、そういう発言はなかったと皆さんに理解していただければ」と切実に訴えた。「うそをついて生きてきた人生ではない。(自らの主張に)全くもってうそはないと理解していただきたい」と重ねて語り、差別的な意図については強く否定した。

最終更新:5/9(火) 20:04
東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1