ここから本文です

オークマ、工作機械保全システム開発

SankeiBiz 5/10(水) 8:15配信

 オークマは、工作機械の安定稼働を実現させる保全活動を支援するシステム「メンテナンスsuite(スイート)」を開発し、出荷を始めた。加工物を乗せた台を動かす「送り軸」の状態を自己診断して異常を検知する「OSP-AI故障診断機能」を搭載。メンテナンスモニターでは点検項目を可視化し、点検の時期や内容、実施履歴を表示することで確実な予防保全を支援する。加工完了や異常停止時にはスマートフォンやパソコンに電子メールで知らせる機能も盛り込んだ。

最終更新:5/10(水) 8:15

SankeiBiz