ここから本文です

G・リッチー監督の「キング・アーサー」、中世の伝説再び映画に

ロイター 5/9(火) 14:39配信

[8日 ロイター] - 中世から語り継がれるアーサー王伝説をモチーフにしたガイ・リッチー監督の新作映画「キング・アーサー」(日本公開6月17日)のプレミア上映会が8日ハリウッドで開催され、監督や出演者らが登場した。12日から米国で公開される。

英俳優チャーリー・ハナムがアーサーを演じる。スラムで育った青年アーサーが、伝説の聖剣エクスカリバーを手にし、ジュード・ロウ演じる暴君ヴォーティガンと闘いながら王座を目指すストーリー。

ハナムはロイターに「決然とした努力によって自らを成長させようとする能力。それは私の人生でとても大切なものだし、映画のテーマでもある」と語った。

アーサー王伝説はこれまで何度も映画化されているが、リッチー監督は、変わらぬ魅力があると確信しており、すでにアーサーを主役とした何本かの映画の構想が浮かんでいると述べた。

最終更新:5/9(火) 14:39

ロイター