ここから本文です

吉澤嘉代子が奥様になって「屋根裏獣」表現、バカリOLドラマ主題歌も披露

音楽ナタリー 5/9(火) 16:56配信

吉澤嘉代子の全国ツアー「獣ツアー 2017」の東京公演が、5月7日に東京・東京国際フォーラム ホールCで開催された。

【写真】吉澤嘉代子「獣ツアー 2017」東京公演の様子。(撮影:田中一人)(他9枚)

3月に発売された3rdフルアルバム「屋根裏獣」を携え、全国6都市で行われる今回のツアー。3公演目となった東京公演では、KASHIF(G)、山本健太(Key)、ガリバー鈴木(B)、伊藤大地(Dr / グッドラックヘイワ、サンフジンズほか)がバックを務め、「屋根裏獣」からの楽曲を中心としたステージが繰り広げられた。吉澤の寸劇を軸に物語を進行させるのが彼女のライブの定型となっているが、今回は吉澤が“旦那を愛しすぎている奥様”に。ステージ上には鏡台やランプが置かれ、笑いと恐怖が織り混ざった物語が展開した。

ライブ本編をMCなしで物語に沿って進めた吉澤は、アンコールで初めて素の状態で観客に挨拶。「しゃべるのが苦手なので……」と謙遜しつつも、今回の物語設定はアルバム「屋根裏獣」制作時から考えていて「ずっと楽しみにしていました」と明かした。またアンコールでは、5月24日に発売が決定した彼女にとって初のシングル「月曜日戦争」を披露。この曲は現在放送中のバカリズム主演ドラマ「架空OL日記」の主題歌だ。吉澤はさらにシングルのカップリングに収められる楽曲「フレフレフラレ」を歌い、客席通路を回りながらファンとの触れ合いを楽しんだ。

ツアーはこのあと、5月13日に福岡・BEAT STATION、5月14日に大阪・なんばHatchで行われ、5月19日の愛知・芸術創造センターでファイナルを迎える。

吉澤嘉代子「獣ツアー 2017」(終了分は割愛)
2017年5月13日(土)福岡県 BEAT STATION
2017年5月14日(日)大阪府 なんばHatch
2017年5月19日(金)愛知県 芸術創造センター

最終更新:5/9(火) 16:56

音楽ナタリー