ここから本文です

【清水】10日に静岡ダービー 金子が“レギュラー奪回弾”狙う

スポーツ報知 5/9(火) 16:29配信

 J1清水エスパルスは10日にジュビロ磐田とルヴァン杯で対戦する(アイスタ、午後7時)。9日は三保で最終調整を行った。先発出場が濃厚なFW金子翔太(22)が、宿敵を下してレギュラー奪回の足がかりとすることを誓った。

 今季2度目の静岡ダービー。前回は、4月1日、リーグで対戦して1―3の完敗。「相当悔しい思いをした。ルヴァン杯も3連敗しているし、絶対に勝たないといけない」と力を込めた。対磐田の公式戦は2004年5月から、ホームでは12戦負けなしと好相性。

 前線から守備に奔走する献身的な姿勢を評価され開幕から先発を続けてきたが、5日のリーグ・G大阪戦で初めてスタメン落ち。結局、出番がないまま終了のホイッスルを聞いた。「いい刺激になりました。もっともっと攻撃で存在感を出さないといけない」。自身に代わって入ったFWチアゴ・アウベスはシュート6本を放って1ゴール。「もっとゴール前に入る回数を増やしたい」とFWとしての“原点”に立ち返るつもりだ。

 今回はFW北川との2トップが有力。昨季から紅白戦で何度もコンビを組んできただけに、お互いの特長は知り尽くしている。「いい部分を引き出してあげたい」と、相手DFの背後を取ることにたけた後輩を積極的に援護する。

 小林伸二監督(56)は「大事なのは先取点」と攻撃陣にハッパをかけた。A組最下位の清水は負けた時点でグループステージ敗退が決まる崖っぷちの状況。本拠地で永遠のライバルを下し、奇跡への望みをつなぐ。

最終更新:5/9(火) 16:29

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合