ここから本文です

村田諒太、世界初挑戦へ練習公開「いい形になってきている」 

スポーツ報知 5/9(火) 17:58配信

◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)王座決定戦12回戦 アッサン・エンダム―村田諒太(20日、東京・有明コロシアム)

 ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBA同級2位・村田諒太(31)=帝拳=が都内のジムで9日、同級暫定王者(1位)アッサン・エンダム(33)=フランス=との王座決定戦に向けた練習を公開した。

 関心の高さを示すように報道陣、関係者約80人がジムに詰めかけた。村田はパトリック・デイ(米国)を相手に2回のスパーリング。現在の状態について問われると「すごくいいコンディション。いい時も悪い時もあったが、その波を越えて最終的にいい形になってきている」と順調な仕上がりをアピールした。世界初挑戦となるが「あと(約)10日あるので。どういう風になるか分からないが、そこまで極度にナーバスになっているわけじゃない」と落ち着いた様子で話した。

 当日は前座で元東洋太平洋フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が、WBC同級王者ファン・エルナンデス(メキシコ)に。元東洋太平洋・日本ライトフライ級王者・拳四朗(BMB)が、WBC同級王者ガニガン・ロペス(メキシコ)にともに世界初挑戦し、トリプル世界戦となる。

最終更新:5/9(火) 17:58

スポーツ報知