ここから本文です

Apple、売上高は好調だが懸念材料も

EE Times Japan 5/9(火) 20:40配信

■中国では低迷も、売上高は増加

 Appleは、中国のスマートフォン市場でライバル企業がシェアを拡大する中、過去3カ月間は辛うじて穏やかな成長を維持した。金融アナリストは、中国で続く「iPhone」の売り上げ低迷の他に、メモリ価格の高騰やQualcommとの訴訟など、Appleの懸念材料を指摘している。

 Appleの2017年度第2四半期(4月1日を末日とする)の売上高は、中国での売上高が14%減少したにもかかわらず、前年同期比5%増となる528億9600万米ドルだった。Appleの売上高の3分の2近くを占めるiPhoneの総売上高は、前年比1%増にとどまった。また、「iPad」は同12%減と低迷が続いている。その一方で、「Mac」シリーズの売上高は前年比14%増だった。

■Qualcommとの特許係争

 香港のSanford C. Bernsteinでアナリストを務めるToni Sacconagh氏はAppleの四半期決算電話会議で、iPhoneのモデムチップの供給が滞ったり、iPhoneの差し止め命令が出されたりする恐れがあるにもかかわらず、AppleがQualcommへの特許使用料の支払いを保留した理由について尋ねた。同氏は、iPhone10周年に大きな期待が集まっていることに触れ、「Appleの歴史において最も重要な製品の発売を前に、こうした危険を犯すのはなぜか」と質問した。

 AppleのCEO(最高経営責任者)であるTim Cook氏は、「QualcommはAppleに対し、公正、合理的かつ非差別的な条件(FRAND条件)で標準必須特許(SEP:Standard Essential Patent)のライセンス供与を行わなかった。この点に鑑みれば、iPhoneの差し止め命令が出されることはないはずだ。そうした判例はたくさんある」と返答した。

 Cook氏は、「Qualcommが所有する携帯電話向け特許技術について、FRANDレートでライセンス契約を結ぶには、訴訟を行うしかない。Qualcommは、iPhoneの価格の1%をAppleに請求しようとしている。QualcommのSEPが重要であることは間違いないが、iPhoneのごく一部を担っているだけで、その他の多くの革新的技術との関連はない」と主張している。

 Appleは、Qualcommは法外な特許使用料を請求し、その条件を受け入れるよう圧力をかけたとして、2017年1月にQualcommを提訴した。これに対してQualcommは2017年4月に反訴している。

最終更新:5/9(火) 20:40

EE Times Japan